投資 > FX > 用語 > マージンコール

マージンコールとは


マージンコールとは
マージンコールとは、取引に必要な保証金金額が、業者が取り決めた割合い(維持率)を下回った際に、
出される警告のことです。マージンコールが発生した場合には、取引業者によって多少の違いは有りますが、
ポジションは強制的に反対売買により決済されます。
強制的にポジションがすべて反対売買により決済される事により、
投資家の資金がゼロやマイナスになる事を防ぐセーフティー装置といえます。
更に付け加えると、業者が手数料を確保する仕組みでもあります。

株式信用取引や商品先物投資ではマージンコールは、追証の投入とイコールですが、
FXにおいては、業者が追証を要求することが禁止されていますので、
事実上は「マージンコール=強制決済決定」と成ります。