投資 > FX > 用語 > キャリートレード(CarryTrade)

キャリートレードとは


 主にスワップ金利稼ぎを目的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨 を買う取引のこと。また、買って持ちつづけること。

 為替のポジションを持ち越すことをキャリーといいます。

 例えば、米ドル金利は円金利よりも高いので、米ドル/円の買い待ちを キャリーすることで、その間の金利差を反映したスワップ金利を稼げます。

 現在、各国通貨のなかで日本が一番低金利なので、円で外貨を買えば全てが キャリートレードとなります。

 円以外では、スイスフランが金利が低いので、米ドル/スイスフラン買いなど もキャリートレードの良くあるパターンです。

(日本のFX取次ぎ業者ではこの通貨ペアを扱う会社は少ないですね)