投資 > FX(外国為替証拠金取引)

FXとは その優位性とリスクを把握しましょう

FXの概要:

 外貨購入総額の1%から10万円程度の証拠金を差し入れる事により1万通貨単位の通貨を買い、別の通貨を売る仕組みである。買い持ち期間中は、買い通貨の金利と売り通貨の金利の差を1日単位で受取れる。買い通貨を売却決済した時の為替レートによって為替差益が得られる。(売り買いの逆、売り買い通貨の金利の高低、為替レートの高低によっては、金利を払ったり、為替差損となったりもする)

FXの特徴:

 FXの取引は、小額の証拠金の差し入れによって、1〜300倍の資金を運用出来ます。

FXのメリット:

 FXは、主な外貨商品である外貨預金、外貨MMFに比べ、圧倒的に手数料が安い点が有利です。
 更に、FXは取引時間が24時間リアルタイムなので、夜間の為替相場変動に対応でき、夜間でも取引可能です。
 レバレッジを高く出来るので、相場変動の影響を過大に受けるので利益も大きく出せる。
 レバレッジを掛けて金利を受取れるので、外貨預金の何倍も利息収入を受取れる。

FXのデメリット:

 レバレッジを高く出来るので、高レバレッジの場合、相場変動の影響を過大に受ける。
 統一ルールが決まっていないので、各社まちまちの取引条件である。

FXのリスク:

 小額の資金で高レバレッジを掛けて運用出来るのはメリットでもあるが、損失も巨額になる。
 世界的な為替変動要因が発生した場合、急激にレートが変わり、そのような時は注文が通り難い。

 比較的新しい投資商品であり、取扱業者の信用度もまちまちで、その点もこの投資特有のリスクです。

  

投資する前に必ず知っておいて欲しい情報:
株式会社DANK代表取締役金澤雄樹氏の提供によります
『100億単位を運用する機関投資家が活用している“その情報”とは? 』
という音声レポートで、機関投資家のM氏によるFX業界の真の姿のレクチャーになります。
甘い考えは捨ててFX参加を見送る事になるかも知れません。



私自身は、のFX-REALに口座を開いて取引しています。
  ここの会社を選んだ理由は、商品先物の会社として老舗であり信用が有る事や金融先物取扱業者の
  登録が済んでいて対外的な信用がバッチリな事が信用面でのポイントで、
  取引条件面では、スワップが高く、ディーリングシステムが使いやすく分りやすいからですね。
  ただチャートは、他所のものが使いやすいので、そちらを使っています。

外貨商品とは FXと比較してみましょう

外国為替とは:


 外国為替とは、ドルと円、円とユーロなど異なる通貨を交換することです。

日本円、米国ドル、イギリスポンドというように、世界の各国はそれぞれ自国内(ユーロは地域内)で使っている通貨があります。その異なる通貨を(売り買いして)交換することを、一般に外国為替と言います。


外貨預金とは:

 外貨預金とは、外国為替で円を外貨に替えて、そのお金を外国で預金することです。
 2006年現在、日本では全然利息が付かないので、外貨預金の高金利を求める人が増えています。
 でも為替手数料(TTSとTTB)がネックで損する(小利口なおばかさん)人が実に多いです。

外貨MMFとは:

 外貨預金同様のMMFです。外貨預金の半額の手数料が一般的です。

外国株式とは:

 外国の株式に投資すること、為替手数料と株式取引手数料もかかる。
 アメリカなどの成熟市場の株式と、中国、インドなどこれから急成長する地域の株は分けて考える。
 中国株は直接買えるが、インド株は現在ファンド形式でしか買えない。
 急成長の地域だけに値上がり益は期待できるが、手数料が高いので小さな値上がりでは経費倒れする。
 もう一つ重要な点は、海外でもあり状況把握が非常に困難であるというリスクを認識することです。

FX関連用語辞典      
スワップポイント 証拠金 レバレッジ スプレッド
マージンコール ポジション インターバンク市場 カウンターパーティ
リバースインジケータ 為替市場 キャリートレード サマータイム