資産形成塾:FP3RICHからのご挨拶


ご挨拶

資産形成塾:FP3RICH代表の西野です。
私は、2003年春よりFPサークル3RICHを主催してファイナンシャルリテラシイ普及活動に努めております。
このページでは、私のプロフィールとFP3RICHの意味、FP3RICHの目的を記します。

FP西野の自己紹介

本名 西野 勝雪(ニシノ カツユキ)
生年月日 昭和37年09月09日生まれ (43才) 
動物占い 大器晩成の狸
出身地 新潟県十日町市 (名立たる豪雪地帯)
住所(事務所) 〒214-0001 神奈川県川崎市多摩区菅3-10-11
電話番号 090-4249-3939
ファックス番号 020-4668-1170
eメールアドレス fmhp@fp3rich.net
資格 AFP、2級FP技能士、2級DCプランナー、日商簿記1級
所属団体 日本FP協会



FP3RICHの紹介

FP3RICHは幾つかの掛詞によって構成されています。
FPはファイナンシャル・プランニングとファイナンシャルプランナーの2つの意味です。
3RICHは、お金、心、健康の豊かさを手にして幸せになりたいという意味と、あなたと私と地域社会の3者が豊かになるようにという意味の2つを掛けています。

FP3RICHの目的

 私は2003年春にAFPの試験に合格し、AFP登録をしました。
AFPになったきっかけはロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん、貧乏父さん」シリーズを読んだ事です。
お金に関する知識が無いばかりに大きな損をする事があるから、色々な事を知らなくてはならない。
(実際本の中では「自分が全てを知らなくてもよく、自分のチームにの中の知っている人を使う」とあります)

そこで、お金のトータル知識を身につけるに丁度良いFPという資格にチャレンジしたのです。
FPになってその知識を自分のファイナンシャルプラン、つまりライフプラン作成に使いました。
今まで漠然としていたものが数字となって目の前に鮮やかに現れました。

当時私は、東証2部上場の課長職でしたから、収入面でも恥ずかしいものではなく、

凄く豊かとはいえないまでも、将来困る事など想像していませんでした。
年金制度崩壊は危惧するものの、蓄えがあるから公的年金が無くても何とかやっていける程度のことを予想していました。
しかし、細かい数字を積み上げた先に現れた将来の資金シュミレーションは、70才を過ぎたところで預金が底を着くという結果でした。

そこそこの収入を得て、無駄使いする事も無く暮らして、何でこの様な結果なのでしょう。
しかし、嘆いていても仕方ありません。身に付けたお金の知識を駆使して対策を施し、女性の平均寿命85歳まで夫婦二人で暮らせるように再度プランニングし直しました。
しかし、最初のプランも、対策プランも、その時点での制度で年金や税金を算定していますから、今後、年金、税金とも負担は拡大し、給付は縮小していきます。

そうしたことまで考え合わせると、何も準備せず、将来路頭に迷うような惨めな暮しを強いられる人が世にあふれる事が、容易に推定できます。
そうしたことにならぬよう、少しでも多くの人に、ファイナンシャルリテラシーを身に付けてもらおうと思っています。
そうした考えのもと、少しづつ情報提供していきたいと思います。
またそうしたことを共に学ぶサークル活動を続けていきたいと考えています。
私は、2003年春よりFPサークル3richを主催してファイナンシャルリテラシイ普及活動に努めております。