起業・複業 収入を増やすことによる資産形成

FPの視点から

FPの視点から
 ファイナンシャルプラン作成上の一般的なアプローチでは、生活費の見直しや毎月固定の出費である住宅ローンを始めとする住居費、生命保険・損害保険の見直し、節約して捻出した余裕資金を踏まえて現状で貯めていける資金を貯蓄や投資運用で資産形成していきます。
 しかし、元々の収入額が少ないご家庭では、どのようにやりくりしても貯蓄残高が増えていかない場合があります。 更に、纏まった資金需要を予定している場合も、現状収入だけではプランニングが頓挫してしまいます。 このような場合には、何かしらの方法で収入増加を提案しています。

収入を増やす

収入を増やす
 収入を増やすには、収入が継続的に流れ込む仕組みを手に入れる方法、収入が継続的に流れ込む仕組みを構成する組織を創り上げる方法、述べ労働時間を増やして労働時間分の収入を得る方法があります。

仕組みを作って収入を増やす

仕組みを作って収入を増やす
 例えば、著作権収入をもたらす著作物の作成、インターネット上で広告収入が得られるアフィリエイトなど、昔からある経理収入的なものから現代特徴的なインターネットを利用したビジネス(情報起業)まで、多種多様な仕組みが有りますからいずれか適切なものを選べます。

組織を作って収入を増やす

組織を作って収入を増やす
 いわゆるネットワークビジネスとかMLM(マルチレベルマーケティング)といわれる消費組織の構築によって消費物流量に応じてコミッションを得られるビジネスに参加することも一つの優れた方法です。

時間を使って収入を増やす

時間を使って収入を増やす
 残業、パート、アルバイト、内職等、従来からある労働時間を増やして収入を増やす方法です。人によっては時間ではなく質の向上という観点~転職と言う選択肢も有ります。 上の2つに比べて、安直に収入増となりますが、単価が安く、労働時間には限りがあることがネックです。